文京区の出張写真撮影

文京区の記念写真撮影出張カメラマン予約料金格安ランキング

こちらのページでは、文京区での記念写真をプロカメラマンに依頼される方に評価される人気の出張撮影サービスの中から、料金体系や撮影費用、クオリティやカメラマンの対応、利用者の口コミ評判を基にした総合ランキング1位から3位までを紹介しています。いずれも各リンク先の公式サイトにて詳細の確認・お問い合わせができますので参考になさってください。

ベイビースマイル

出張 撮影 文京区

≪メリット≫
撮影費最安値帯(税込表示・土日UPなし)
納品枚数が多い(平均100枚前後)
納品方法が選べる(メール or DVD-R)
≪デメリット≫
×料金支払い方法が振込のみ
×地域によって予約が取りづらい
×カメラマン指定不可※リピート時は可
出張 撮影 文京区

 

fotowa(フォトワ)

出張 写真 文京区

≪メリット≫
撮影カメラマンの指定が可能
スケジュール表で予定が組みやすい
ギフト券の販売がある※有効期限あり
≪デメリット≫
×土日祝日の撮影料金が割高
×電話対応不可(メール連絡のみ)
×人気カメラマンは予約が取りづらい
出張 写真 文京区

 

出張撮影サービス

出張 カメラマン 文京区

≪メリット≫
東証一部上場企業のグループ会社
四千名のカメラマンネットワーク
事業者向けの撮影実績が豊富
≪デメリット≫
×撮影料金が他サービスに比べ高い
×納品枚数が少ない(30-50枚)
×撮影カメラマンの指定は不可
出張 カメラマン 文京区

 

上記サービスでは、いずれも新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心とした撮影が可能です。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影にも対応しております。

 

≪地域情報≫

出張 写真 文京区

文京区の概要
東京23区の中央北寄りに位置する「文の京(ふみのみやこ)」と住宅の街。明治より夏目漱石や森鴎外、宮沢賢治等の著名な文人・学者・政治家が多く集まった。出版・印刷、先端医療が盛んで、大規模病院が多い。日本サッカー協会、講談社、東京ドーム、東京大学などがある。

 

区の南部には商業地域が幾らかみられるものの、全体としては住宅地が多く、また公園、教育機関、医療機関も多い。千代田区と隣接していながら文京区には西片、大和郷(本駒込六丁目)、本郷、小石川、小日向、本駒込、目白台などの閑静な住宅地が残されている。また音羽の森や六義園、後楽園、小石川植物園など歴史ある広大な日本庭園がいくつも残されている。

 

区内には世田谷区及び練馬区と共に、JRの駅が一つも存在しない。JRの線路は山手線の巣鴨駅 - 駒込駅間が僅かに通るだけで、この区間を除けばほぼ全域がすっぽり山手線内側に入る唯一の区でもある。また、大きな繁華街が無い。

 

文京区の歴史(近世・現代)
安田財閥の創始者安田善次郎の娘婿善四郎が購入し、昭和12年に長男楠雄が相続した、旧安田楠雄邸が、千駄木5丁目にある。歴史的建造物として修復管理し、公開されている。
昌平坂学問所跡に師範学校、女子師範学校が設立され、東京大学が現在地に移転を完了し、文教地区文京の特色が鮮明になった。一方、水戸徳川家の上屋敷内の庭園が現在の小石川後楽園となり、五代将軍徳川綱吉の大老柳沢吉保の六義園が返還され、国の名勝になるなど、都心の貴重な緑地を今に残している。
1878年(明治11年)、郡区町村編制法により小石川区と本郷区成立。広大な加賀前田家の屋敷跡に帝国大学(現:東京大学)設置、大学周辺に出版社が集まり、それに伴って多くの文人達が集まり、坪内逍遥、森鴎外、夏目漱石、樋口一葉などが居を構えた。その後都市化が進むが、本郷通りなどの大通りから一歩住宅街へ入ると江戸や明治の名残ある場所が多数残されている。
1937年(昭和12年)、東京砲兵工廠の跡地に後楽園スタジアム(現在の東京ドーム)が誕生し、戦後のプロ野球復活と共に娯楽地として発展する。
1947年(昭和22年)、市街地編成として小石川区と本郷区が合併し文京区誕生(1947年(昭和22年)3月5日公布、同年3月15日施行)。区の名称は『文京』の名が書きやすく、“文教の府”のイメージと一致しているとして、両区の区議会で採用された。
1999年(平成11年)、35年ぶりに人口増加へ転じている。
現在では大学の多数が郊外(多摩地域等)へ移転したため、文教地区としての役割から退きつつあるが、東洋大及び東大はこの地に残っておりさらに出版業界も盛んで夏目漱石などの文人が居を構えたことから、新しい文京の文京区を目指している。

 

文京区の地区
大塚(おおつか)、音羽(おとわ)、春日(かすが)、小石川(こいしかわ)、後楽(こうらく)、小日向(こひなた)、水道(すいどう)、関口(せきぐち)、千石(せんごく)、千駄木(せんだぎ)、西片(にしかた)、根津(ねづ)、白山(はくさん)、本駒込(ほんこまごめ)、本郷(ほんごう)、向丘(むこうがおか)、目白台(めじろだい)、弥生(やよい)、湯島(ゆしま)